JOE KOUMUTEN城工務店
なら*城工務店とモリ

17.ふるくて あたらしい

残暑お見舞い申しあげます。

関西有名どこの花火大会が終わり、
ジンジン、蝉の声いつまでかな
この夏も。

今年は、
みなさんできるだけ電力を使わずに
暑さをしのぐ工夫をされていることと思いますが、
インテリアにも
“涼”を感じられるそんなご提案。

画像(120x160)・拡大画像(480x640)

朝鮮槇をあしらって

私は年数の経過したモノが好きです。
古美術品には、とうてい手が届きませんが
京都なら“東寺”
大阪なら “四天王寺”
で毎月開催されている骨董市や
各地のフリーマーケットに出向けば、
手頃でオンリーワンな家具や雑貨、
器やガラスが手に入ります。

画像(160x120)・拡大画像(640x480)

お花を一輪飾りたい

今年は数点、ガラスモノを手にできたので
銀色のコンポ周りに飾ってみました。
部屋の一角をそうしただけで、
なんだかクールで
ふるいものから
澄んだ空気が発せられている、
そんな気分になって。

特にふるいものでなくても、
ご自分が手にとって、ご覧になって
あぁ涼やかだ、好きだと思われるものを
何ものにとらわれるでもなく
飾ってみてください。

8月3日付の朝日新聞の記事で
経済アナリストの森永卓郎さんが
インタビューに答えておられました。
“『断捨離』『すっきり』はリスクが高い”
“ストックあればパニック起きず。
心のガラクタは新しい発想の源”と。
この一文だけでは、
伝わりづらいですが
それも、しかり。と思いました。

画像(160x120)・拡大画像(640x480)

ロシアの七宝うさぎ

買いすぎたり、買い急いだりせず、
整理整頓を心がけていれば、
モノを収集することは楽しくて、
あれをこういう風に使おうとか
こうしようとか
いろんな思いがあふれてワクワクします。
古道具だとなお
どんな思いで作られたもので、
どなたからどなたに経由して
どんな風に自分まで届いたのかな?とか
思いをはせるのもおもしろいです。

私の雑貨たちも
またどこかへ
いずれ旅立つのかな。



ページのトップへ ページのトップへ

Back Number



新築をお考えの方へ
リフォームをお考えの方へ

じょう報誌のダウンロード
なら*城工務店とモリ
ことままの工務店ブログ お城作りのお手伝い♪
RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog