JOE KOUMUTEN城工務店

リフォームをお考えの方へ

じょう報誌のダウンロード
なら*城工務店とモリ
ことままの工務店ブログ お城作りのお手伝い♪

新築をお考えの方へ

ダブル断熱システム

100年生きる住宅を目指して

日本の住宅の寿命は22年から30年程度といわれているのに対して、欧米は40年から100年といわれています。この大きな違いはどこから生まれるのでしょうか?
答えは「断熱」です。


日本の住宅の弱点は冬の寒さをしのぐために、風をさえぎった隙間のない住宅が多く作られています。そのため、夏の暑い時期には湿気が室内にこもり壁内の構造体に吸収され、冬の寒い時期にはサッシや壁面で起きる結露により、水が内部へと浸透していきます。その浸透した水が構造体を腐らせ、カビの発生を助長し、住宅の寿命を縮めてしまうのです。

この現象を防ぐためには、断熱性が高いことと、水分のコントロールができることが必要となります。 そこで私たちがお勧めするのは、オーパスが開発した外断熱システム「フォルテ」と自然素材の内断熱「ファイバーエース」を組み合わせた「ダブル断熱」です。


メリットを併せ持つダブル断熱

内断熱(柱と柱の間に断熱材などを入れる方法)と外断熱(建物を外側から覆うように断熱材を施行する方法)には、それぞれにメリットとデメリットがあります。

  内断熱
外断熱
メリット 1.比較的安価な施行が可能
2.施行が容易なので施行できる工務店が
 多い
3.断熱材の種類が豊富
1.断熱材が途切れないので熱損失が少ない
2.気密性が高まる
3.結露が起きにくく、柱などが傷みにくい
デメリット 1.断熱材の間に隙間ができやすく、
 内部結露が起こりやすい
2.柱などの構造体には施行できないため、
 その部分からの熱損失が起こりやすい
1.コストが高い
2.外装材の種類が限定される

この両者のメリットを併せ持ったのがオーパスの「ダブル断熱」なのです。

オーパスのダブル断熱は内断熱にファイバーエース、外断熱にフォルテウォールをあわせた断熱工法です。


ファイバーエースという断熱材は新聞紙を原料としたリサイクル製品で、一般的に使われる内断熱材よりも品質に優れかつ格段に少ないエネルギーで製造が可能な、地球の将来を考えたエコロジーな断熱材です。
外断熱に使うフォルテウォールは雨水は通さず、水蒸気は通すという特殊な素材です。

これらの技術は、厳しい基準をクリアして国土交通省の認定を受けており、安全で安心であるということが証明されています。
→ファイバーエースについて、詳しくはこちら

ダブル断熱の特徴

結露防止

結露は室内と室外の温度差によって発生します。ダブル断熱はファイバーエースとフォルテウォールの効果で室内外の温度差を少なくし結露を起きにくくします。

調湿効果

ファイバーエースは木質繊維のため、湿気を吸ったりはいたりする調湿効果があります。そのため、建物は常に快適な湿度に保たれます。

防虫効果

ファイバーエースにはゴキブリ駆除で有名なホウ酸団子に似た成分(ホウ素系薬剤)が含まれるため、ゴキブリ、カビ、ダニ、虫類、ネズミ等を寄せ付けません。ホウ酸は眼科における殺菌洗眼にも使用される安全なものです。

防音効果

ファイバーエースはそれ自体に多数の微細な穴があり、吸音効果があります。さらに、高密度に隙間なく充填することにより、壁の中には音を伝える役割を持つ空気がほとんど存在しない状態になるので、室内外からの騒音が伝わりにくくなります。

難燃性

ファイバーエースは原料が新聞リサイクルで一見燃えやすいように思われますが、燃え広がらない性質を持つホウ素系薬剤が成分に含まれるため、燃えにくくなっています。オーパスのファイバーエースは一般に普及しているセルロースファイバーの4倍以上もこのホウ素系薬剤を含んでいます。

耐久性

フォルテウォールは弾性に優れ、塗り壁のひび割れや剥離を防ぎます。そのためメンテナンスが大幅に軽減されます。また素材が曲がるためデザインの幅も広がります。

省エネ

ダブル断熱の優れた断熱効果により冷暖房費が軽減されます。その効果は年間で約8.7万円にもなります。
またダブル断熱の工法は国土交通省の防火認定を受けており、ダブル断熱の工法を採用した建物は火災保険でも最大18%割引の特典もあります。

安全性

フォルテボードは燃焼を継続しない性質を持ち安全性が高くなっています。この安全性については国土交通省の認定も受けています。